LUMIX GM1 + LUMIX G VARIO 12-32mm / MACRO 30mm


久方ぶりにカメラな話題。
去年富士フイルムのX-M1を購入したもののオートフォーカスの遅さに辟易し、その後キヤノンのEOS M3を購入。しかしやっぱりオートフォーカスに不満があり、最終的にかつての愛機GF1と同じマイクロフォーサーズのGM1に落ち着きました。

購入時点で発売から1年以上経過した型落ち品ですが、ネットでの評価を見る限り後継機種と決定的な性能差は無いと判断し展示品を安く購入。今まで使っていた機種と比べるとかなり小型なため扱いに苦労するかとも思いましたが、コンデジ感覚で割とあっさり慣れることができました。同じパナソニック製だけあってGF1に近い操作系なのもありがたい。
ボタン類のタッチが軽いためダイヤルを回す際に誤動作しやすいのが難点ですが、この辺は慣れでどうにかなるかなと思います。

Lake

付属のレンズ、LUMIX G VARIO 12-32mmはGF1時代に愛用していたM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmと比べると望遠側の倍率こそ低いものの、広角側の描写、特に周辺部の画質が優れていると感じます。またサイズもコンパクトなため持ち運びもしやすいですね。

Hydrangea

GM1購入とほぼ同時にLUMIX G MACRO 30mmも購入。ずっと憧れていた等倍マクロレンズをようやくゲットです。ライカブランドのLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mmと比べると値段もかなりお手ごろ。マニュアルフォーカスで被写体にギリギリまで近づくだけでも肉眼とは全く異なる世界が広がります。腕次第でしょうが、単純な物撮り以外でもF2.8のボケを生かした幻想的な写真も撮ることができそうです。率直に言って買って一番満足しているレンズですね。

Asiatic dayflower

おおよそ1年振りにマイクロフォーサーズに帰ってきましたが、しばらく見ない間にレンズやカメラ本体のデザインが(パナソニック・オリンパス共に)私好みのシンプル路線にシフトしていてありがたい限りです。GM1自体は新機種を購入するまでのつなぎのつもりだったのですが、メカシャッターの性能以外に文句をつける点がさほど無いのでGF1と同じように長く愛用することになるかもしれません。

Lumix GM1

Panasonic ミラーレス一眼カメラ GM1S レンズキット ブルー DMC-GM1SK-A
パナソニック (2014-11-13)
売り上げランキング: 26,562
Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2015-04-28)
売り上げランキング: 38

広告