M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm


たまにはレンズとかカメラのお話。
去年の夏頃にヤフオクで手に入れた、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmレンズがなかなか良い感じなので、マイクロフォーサーズ(以下MF)ユーザーの方にオススメしてみます。

サンプル 広角

このレンズは35mm換算で24mmの広角から100mmの中望遠までズームできる上にマクロ撮影も可能なため、いろんな場面で活躍してくれます。またGF1付属のLUMIX G 20mmと比べるとオートフォーカスも素早く、また動作音も静かなためストレス無く撮影ができます。流石に20mmと比べると大きく重く、GF1に装着するとコテっと倒れてしまうぐらいですが、そのデメリットを考慮しても十分に使えるレンズです。
上の写真はオートブラケット撮影後にPhotoshop CS5上でHDR合成を行ったものです。このように一般的な換算28mmのレンズよりもダイナミックな迫力のある写真が撮れます。

サンプル マクロ

また、マクロ機能もそれなりに優秀で、等倍撮影は無理でもそれなりに被写体に寄ることができます(マクロモードで最小撮影距離20cm)。

ただ残念な事にオリンパスレンズはレンズ側に手振れ補正が無いため、パナソニックボディと組み合わせると気合いと三脚でしか手ぶれを抑制できません。
とはいえ、欠点を挙げるとしてもせいぜいそれくらいで、ヤフオクで2万ちょっとで入手できた事を考えればかなりコストパフォーマンスは高いと思います。
次に買うレンズをどれにしようか考え中の方、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

広告